コレステロールを下げる|病気からカラダを守る

栄養補助食品

生活習慣病を予防する

自然

コレステロールを下げる方法は、食事や運動など日々の生活スタイルを見直す必要があります。喫煙や飲酒を減らす事から始め、肉中心の食事から野菜中心の食生活にする事で改善する事が出来ます。果物やヨーグルトなども、出来るだけ毎日摂取する事が大切です。

Read More

生活習慣病の予防

腹部

食生活の改善

コレステロールそのものは体に必要な成分です。しかし過剰摂取することによって体に害を与えることにつながるのです。その一つが悪玉コレステロールです。悪玉コレステロールは加齢とともに体にたまりやすくなる性質を持っております。生活習慣の乱れなどにより悪玉コレステロールがたまりやすい体になっている事も要因となっています。若い頃は体の代謝が良いため、これらをすぐに消し去ることが可能なのですが、加齢とともに代謝が低下しコレステロールが体にたまりやすくなるのです。余分に摂取した分を効率よく代謝することでコレステロールの数値を下げることも可能です。生活習慣の中に取り入れることが重要です。放置すると生活習慣病などにかかる危険性も高くなるため早くから取り組むことが大事なのです。

気軽に続けることができる

コレステロール値を下げるためには食品などの摂取方法を変更することがおすすめされています。しかし毎日の食生活を簡単に変更することは難しいとともにコレステロールを下げるためにはこれらの食品を多く摂取する必要があるのです。そのため食生活の変更は長年かけてようやく成果が生じるような地道な努力が必要になるのです。早いうちに下げることができるのがサプリメントです。今では補助食品の一部として、サプリメントは大量に店頭に並んでいます。コレステロールを下げる成分が含まれているサプリメントを、毎日飲み続けることが早めの効果につながります。薬などは副作用の心配がありますが、サプリメントには副作用がありません。気楽な気持ちで継続することができるメリットもあります。コレステロールの減少に効果を持つ栄養素としては、魚類の成分であるEPAやDHAが含まれているようです。そのため、これらが含まれているサプリを摂取することで、より効果的に作用してくれるでしょう。

食品と成分

男性

悪玉コレステロールを下げる効果のあるものはオメガ3脂肪酸です。これ以外にはアイリンが入っているニンニク、食物繊維の含有されているアボカド、きんかん、コンブなどがあります。飲みものであればカテキンの入った緑茶がおすすめです。

Read More

食品とアルコール飲料

お腹の脂肪

コレステロールを下げる働きを持っている食品は、タウリンを含む魚介類や食物繊維が豊富な野菜です。これらの摂取が重要です。また、アルコール飲料を飲むときは休肝日を設けたり量を調節することが重要です。他にも、緑茶やシイタケを食べることもおすすめです。

Read More